サーフメバル

昨日の早朝午前7時過ぎ、弟弟子とO田さんにメールを発射!

「今夜松山沖行かん?・・・ん?」

そしてどちらもOK牧場!

その旨を松山の兼久船長に発射! 「了解!」 話はとんとん拍子に決まる。

目的地は砂浜でメバルが釣れる処。

そして選んだのが中島沖の高島だ。

taka1.jpg


午後5時出船。 潮位は満ち5分ってところか・・・。

上陸して付近を散策する・・・。

西の岩場に行けそうな感じであるが、風等を考慮して西の砂浜をベースキャンプとした。

まだメバルは早いので即エギングに挑戦。

船長は「3日前はまだ小さかったよ~!」と言っていた。

とりあえずヤッペ!  正面から第一投。 バシ!・・・・・・・・・・・・?

アラ?・・・エギ君だけが飛んでった・・・。

ワ~ン、昨日買ったばかりのおニューだったのに。

気を取り直してやるもアタリなし。

では反対側の砂浜から挑戦。  何投目かでトスンです。

かなり小さいと聞いていたのでドラグユルユルにしていただけに、ジージーですわ。

あがってきたのはこのサイズ。

taka2.jpg

だがあとが続かない。

そのうち陽が暮れたのでメバルにシフト。

まだ浅そうなので沖の掛け上がりをウキで攻めることに!

そして第一投目から20cmオーバーです。

taka4.jpg

しかし、それを上回って釣っていたのが弟弟子。

私の2倍は沖に投げて良型をゲットしてます。

オモリ負荷1.2号でブン投げてます。 ウキ下は半ピロ・・・半ピロ????

これには私のウキでは対処できず近場でやるしかありません。

近場でも大きなのが居ました。

taka5.jpg

25cm前後でしょう。

だが満潮を迎え、引きに入ったらますます弟弟子が有利でした。

サグリも試みましたが、沖まで水深浅すぎて根ずれでプッツンが多かったので仕方なくウキ続行!

そしてポツポツ雨が降り出し、ビーチパラソル広げて一時退避する。

いつ止むかいつ止むかと待ってはみたが止む気配なし。

この頃は本降り状態。 O田さんも私も戦意喪失。ビーチパラソルの下で長期休憩。

ファイル0001

そして朝~!

でもそんな中、お前は宮沢賢治か?というくらい、雨の中を頑張って釣っている方がいらっしゃいました。

その甲斐あって弟弟子は私より多く釣ってました。

このドヤ顔をとくとご覧あれ!

taka6.jpg

型も20cmオーバーが多くいましたねえ。

O田さんは弟弟子の半分強!

taka8.jpg

私ですか?  見る?   見たい? 見せたくな~い!  

でも一応釣ってますから!  

taka7.jpg


これ全部ウキ釣りです。

キープは5匹。後は弟弟子に進呈。

当分私に勝ったと自慢するのでしょうか?

イカじゃあ負けんぞい!(爆)

また行きましょう!竿受け取りに(謎爆)

おしまい!

一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif" border=



こちらもポチッとよろしくお願いします。


スポンサーサイト

ワクワク

昨晩は松山沖に行って来ました。

釣り客が多くて2便あるという。

だが、運良く1便に乗船できることになった。

今回の釣り場所はまだ行ったことのない場所に行くことにした。ワクワクです。

そして選んだのがここだ! 下二子島。

hutago1.png

1便は午後3時出船。

各磯に降ろして私は約1時間で付近に到着。

hutago2.jpg

西側の岩場に降ろしていただく。

潮はまだまだ引いている。

どこまで引く?っていうくらい浅くなった。

hutagokanchou.jpg


今回のラインナップはこのメンバーで対処しようと思っている。

rineup.jpg

左から胴突き探り・ウキ釣り・フロート着装メバリング・jヘッド単体。

なんせ どう潮が流れるのかさっぱりわからない。

どれでも対処出来るよう準備した。

まずはメバリングから・・・。

チビが相手してくれるなか、ちょっとドラグ出した茶メバ。

hutagoch1.jpg

フロートで沖をやってもお持ち帰りは居ない。

陽が落ちるのをひたすら待つ。

風は予報では北東の風が5~6mとなっていたが、無風に近い。

そして陽が西に傾き始めた。

hutago3.jpg

陽が落ちるとまたまた魅惑の夕焼けショーを繰り広げてくれた。

hutago5.jpg

しばし暗くなるまで目に焼き付けておくことにする。

さあ釣り開始! 浅すぎるので、まずはウキで遠投!

潮が低いせいもあってか、大型は顔を見せない。

釣れるのは16~7cm前後ばかり。  今回はこの方達はお帰り願う。

そして待望のお持ち帰りがきました。

hutagoc2.jpg

23cmくらいか・・・。

潮が段々上がって来る・・・。

ん?ここの潮は南から押して来ないのか?

南から押して来たら岩場の先端に流れてくれるはずと予想していたのだが、ウキを遠投したら南に流れて行く。

では裏側は当て潮になっているかと思いきや、右に流れる。

これでは岩場周辺に居るメバルは釣れない。

老兵に鞭打って岩場の先端まで・・・よっこらしょっと!

ありゃまあ!西から押してきていますがな

ここはサグリで頑張ることにする。

最初は釣っちゃあ捨て っちゃあ捨て っちゃあ捨ての繰り返し。

何時になったらお持ち帰りが来るのか・・・。

やっとお持ち帰りが混ざるようになった。

そして満潮から下げは北から南に早く走り出す。

当て潮なんかアテにならないほど速い。

仕方なくワイ潮で釣っていると、仕掛けが根にもたれる感じで竿に重みが。

軽く合わすとズン!沖にグウィ~ン!

玉?用意してません。足場?高すぎ!

思い切って上げちゃいました。  竿が折れなくて良かった~!

上がってきたのはこのサイズ!

hutago28.jpg

跳ねて落ちるので手持ちです。

ベースに帰って計測したら28cmありました。

hutagosaichou.jpg

今回は新規開拓ってことで潮の流れが判ればOK牧場。

午前3時。仮眠です。 午前4時頃から北東の風が強くなったようだ。

汗もすっかり引いた。

片付けをしていたら すっかり夜が明けた。

hutagoyoake.jpg

無事 帰宅。

今回はコンダケ~!

メバル40匹。タナゴ1匹。ヨロイメバル1匹。

hutago40.jpg


仮眠しているので眠たくない。涼みにいくかなあ。

おしまい!

一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif" border=



こちらもポチッとよろしくお願いします。

追悼釣行 in 松山

松山沖や取材でいつも私と同行して頂いていたIOさんがお亡くなりになりました。

昨日、私と弟弟子、そしていつもお世話になっていた渡船の兼久船長と共に弔問に行かせて頂きました。

お亡くなりになる前日、私はイカ釣りに行って、船上で電話で話していただけに、本当におどろきました。

船長に無理を言って追悼釣行をさせてくれとお願いしたところ、快く承諾して頂き今回の釣行となりました。

午後5時、出港!私的には岩場で大物をと思っていたのですが、同行の弟弟子、そしてH山から参加したSさんは不慣れなため、H島の護岸から釣ることになりました。

護岸に上がるためには隣接の岩場から上がることに!

H山のSさんは肝臓のお薬を採取していました(爆)

tuitou1.jpg


まだまだ陽は沈みそうもないので、メバリングからスタートです。

下に降りてバシっと一発! 

そしてピックアップ寸前にティップに違和感。

軽く合わすと、快い重量感が伝わってきます。

磯に放りあげたのは25cmクラスのブルーです。

tuitou2.jpg

これで私は任務完了!

同行のSさんや弟弟子に場所を譲ります。

私は護岸の上から酎ハイを飲みながら高みの見物(爆)

そしてSさんが20cmオーバーを連発です。

その様子を釣り友のO田さんに電話! その最中にもSさんがまたまたヒット!

弟弟子も小型ながら掛けてました。

そして帳が降りてから本格的にサグリ開始。

潮が上がってくるに従い、護岸近くにあった捨石周りでヒットするようになる。

型もまずまず・・・。

tutou3.jpg


満潮が午前0時前。それまでが勝負です。

数的にはあまりパっとしなかったが午後11時過ぎまで40匹くらいは確保できた。

潮が止まると何処を探っても当たりがない。

夜食を頂き、西や東に釣り歩くことに!

東のジャリ浜でええ型ヒットです。

titou5.jpg

27~8cmくらいかな・・・。

沖にブレイクがあるわけでもないが、回遊していたのでしょう。運の悪いメバルですね(爆)

午前2時、ポツっと来た夕立ちのようです。

前回アップしたパラソルを設置。危機回避です(笑)

その甲斐あって午前3時半にはまたまたポツポツ!

ファイル0001

カッパを着るほどでもない・・。

パラソルの下でウトウト・・。

午前4時過ぎには雨でなく霧に変わる。

ファイル0002

午前5時頃 辺りが段々明るくなるにつれて周囲の様子が判ってきた。全く周りが見えないほど濃い霧です。

こりゃお迎えが遅れるかな?

案の定30分の遅れでした。

船長曰く「こんなに降るっていってた?」

松山近辺はかなり降ったらしい。  

だが、釣り場は霧だけで済んだ。故IOさんが見守ってくれたのかもです。

今回は釣れる釣れないは二の次!IOさんを偲んでの釣行です。

「IOさんまた来るからね!」

無事自宅に帰り一眠りしてから釣果アップです。

約50匹くらいの釣果でしたが、思い出に残る釣行でした。

tuitochouka.jpg


兼久船長! 今回は大変お世話になりました。 これからも宜しくお願い致します。

Sさん・弟弟子君お疲れ様でした。弟弟子君運転ご苦労様でした。

また行きましょう。

おしまい!


一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif" border=



こちらもポチッとよろしくお願いします。

今度はここだ

明日はここに上がる予定です。

無題



・・・・・・・・・・・・・・・・・・と思っていましたが、朝から風が強く中止となりました。

でもサンデーアングラーは行くそうですが・・・!


一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif" border=



こちらもポチッとよろしくお願いします。

行ってみなくちゃわからない

昨日は東予市の豊貝突堤に行って来ました。

sinki2.jpg

シーズンは過ぎているという船長。

でも何とかなるっしょ!  

17時半渡船に乗り込むIOさんと弟弟子君。

houkai1.jpg

接岸前に船長が「あの白い部分はエイが貝をかじった跡じゃ」という。

houkai2.jpg

上がってビックリそこら中発泡が浮いている。つまりタテアミがビッシリです。

おいおいこれ ヤバイんとちゃう?

houkia3.jpg

でも初めての釣り場。とりあえずやるっきゃない。

私と弟弟子はメバリングを!

ここで弟弟子のロッドがヒン曲がる。

houkai4.jpg

出したり巻いたりでやっと掬ったのがこれ! エイ!

houkai6.jpg

記念撮影後釈放いたしました。

夕方近くなってもメバリングには全く反応ナッシング。

houkai7.jpg

我々は夕陽を見ながら潮が上がってくるのを待つ。

houkai8.jpg

午後8時過ぎテトラ際でやっと来た。

houkai9.jpg

あとが続かず波止の南に向かって際を探るが全くアタリ無し。

そとがわのテトラに降りたいが微妙に離れていて運悪ければ大惨事になりかねないので、テトラの切れ目から竿を振るが来るのは小メバばかり。

仕方なく意を決して落ちた・・・じゃなく降りた。テトラへ!

すると一発目からアタックしてきたが、鈎に乗らない。

今度も同じコースを探ると・・・・今度は乗った。

テトラ際なので慎重にやり取りしている暇はない。

思い切って手元に抜き上げた。

まずまずのサイズ。

houkai11.jpg


あとで計測すると25cmでした。

houkai12.jpg

既に満潮を迎えていた。

だがメバルの爆は全くない。

やはり昨日の雨がかなり影響しているようだ。

それでも引きに入って数匹追加。

houkai13.jpg


・・・・・・・したところで、睡魔が来た。事故にも繋がり兼ねないので仮眠。

・・・していたら海上で音がする。

見るとあのタテアミを引き上げていた。

houkai14.jpg

時計はすでに午前3時を回って4時近くになっていた。

あら?またまた他の漁師さんが来場。

houkai15.jpg

網を引き揚げそして退場!

綺麗な朝焼けを残して去って行かれました。

houkai17.jpg

釣り人にしか味わえないこの爽快感!心癒されます。

houkai16.jpg

しばし見とれていました。

houkai18.jpg

渡船が来るまで時間があるので釣果アップです。

こんだけ~!

houkai19.jpg


条件さえよければまだまだいけそうですが、タテアミが2重3重に入るのは覚悟でっせ!

IOさん・弟弟子君お疲れさまでした。

おしまい!


一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif" border=



こちらもポチッとよろしくお願いします。
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
一日一善・・・宜しくお願いします
J F S
こちらも一日一善・・・宜しくお願いします

jfs.gif

最新情報
釣行予定
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新トラックバック