Last needlefish

今年最期の needlefishに行ってきました。

午前8時 自宅を出ると当然ラッシュ!

R2に上がっても信号無いのに、ノロノロです。上がってくる車と合流でビッシリです。

やっと日本のエーゲ海に到着したのが午前9時半過ぎ。

釣り人は・・・私を入れて3人。 ガラガラですわ~!

一人の方に聞いてみると、水温下がって食わなくなったから、地元のモンも来ないとの事。

北西の風を避けるために、やや東に陣をとる。

午前10時前釣り開始。

だが・・・・・・・・・・・・・当らん。

アタリウキがピクっともしない。

やっと来たのが午前11時。辺りの釣り人に上げてる様子はない。

そして12時の音楽が流れる頃、潮変わりなのか、若干潮行きがゆっくりなった時バタバタっと釣れた。

しかし、流れが速くなって全くアタリがなくなった。

引き潮と風がぶつかり波も高くなってきたのを機に午後2時納竿。

竿出ししたのが3時間半くらいでした。

帰りは混雑してなく軽~く自宅へ! クーラーも軽~~!(爆)

んで、たったのコンダケでした~ ((/ω\)

lastneedlfish.jpg

今年はこれでサヨリは終了。 来月からはmebaru・・・かな!

おしま~い!


一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif"border=





スポンサーサイト

逆光ウキ

勤労感謝の23日に行って来ました。当然細魚です。

というのも、これを検証してみたくなって(笑)

前日この艶消しスプレーで・・・

tuyakesi.jpg

アタリウキ(チヌ用フカセウキ1~1.5号)に吹き付けて乾燥。

gyakkouuki.jpg

逆光ウキ!

釣り場が南向きなので正午あたりから光って見づらくっちゅよりも、何にも見えなくなるんです。

特に黄色は最悪!

その釣り場でいつも釣っているある常連さんの一人がそのウキでバンバンアタリを捉えていたんです。

私なんか竿先が引っ張られて合わすぐらいです(苦笑)

そして釣り場へ・・・!

祭日なので混んでいるかと思いきや、数人しか居ません。

最初は角に入っていたのですが、北風が強く激寒!

そこで中央辺りが空いていたので、入らせていただきました。

隣の方は「初めてで・・・まあ日頃のうっぷん晴らしにきたんです」と言う。

でも釣れるのはフグとママカリばっかりのよう。

私が、「他の方 サヨリ釣れていらっしゃるのに、フグやママカリばかりではますますうっぷん溜まりますよ!」

って言ったら、「そうですねえ・・・。でも釣れ無いんです」

・・・と言いながら、仕掛けを上げては撒き餌カゴと餌が付いているアタリウキの絡みを直していた。

ちょっといらんおせっかいをした。

「なんで絡むのか分かりますか?」というと、判らないと言われたので、こうお答えした。

「アタリウキと撒き餌カゴの間隔が短いので、投げて着水した時同じ場所へ同時に着水するので絡み易いんです」

「私のはその間隔を1ヒロ取っています」尚且つ!「そちらのアタリウキは発砲ですよね?」「はい」

「私のはチヌ用の中通しウキを使っています。何でか分かります?」「いいやわかりません」

「それはですね!貴方の仕掛けは投げた時、撒き餌カゴは撒き餌を入れて重いのに対し発砲は軽いので、どうしても撒き餌カゴが先行して、あとから発砲のアタリウキが付いて行く感じなんですよ」「なるほど」

そして「着水した時、カゴの上にアタリウキが重なって絡み易くなるんです」「そうですね・・・」

「それを少しでも解消するためには着水前にスプールに指を当てて若干ブレーキをかけてやるんです。そうすればアタリウキが着水の時先行するからなんです」「なるほど!」

「でもその市販の仕掛けではなかなか難しいでしょうね。先ほども言ったように私がチヌ用の重たいウキを使って間隔を開けているのか分かります?」  「いいえ!」

「それは投げた時の遠心力により それぞれの方向に行こうとする力が働き、間隔を開けて飛んでいくからなんですよ」

と言い、投げて見せてあげると「目から鱗です」とおっしゃられた。そして着水前は当然サミングです。

「でも重たいウキでアタリはでるの?」っていうから、「固定していないから大丈夫。ただ、放っておくと餌が沈んでしまうので、遊動距離を30cmにしてあります。」

「アタリはどうやって見分けるの?」

そこがポイントです。

投げてラインを張って、ゆっくり巻くことにより手前に撒き餌カゴのウキ!その沖にアタリウキ・・・!当然潮が流れていないときは手前から一直線に見えると思います。

そしてこの時、アタリウキが右か左に少し動く時があります。 これがサヨリが餌を咥えて移動を開始した合図なんです。

その時軽く合わせてやるのです。

当然放っておくとカジキみたいにジャンプして針掛かりいたしますが、大体喉の奥深く飲み込まれていることが多いです。

等々詳しく教えてあげた。

すると、「今日は勉強になりました。これじゃうっぷん溜まりそう!溜まる前に帰ります」と言って帰られた。

「またお会いしましょう!」

さて・・・時間も午後2時過ぎ・・・。30匹近く釣ったので帰ることに・・・。

帰路は祭日なのでスムースに変えることが出来た。

今回は尺越え4匹でコンダケでした。

1123chouka.jpg


週末はイカ釣りを予定していますが、行けるかどうか・・・。  天気次第 !

おしま~い!


一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif"border=

良い機会

昨日は町内で不幸がありお悔やみに行きました。

その帰り、隣の釣り人が「サヨリ行こう!」と誘ってきたので、良い機会と思っていくことに!

もう10時回ってます。当然行くと角のポイントは先行者がいました。

でも引きのポイントはガラガラ! 優に二人は入れました。

あ!慌てて出てきたから携帯忘れた! 当然写真撮れません。

釣り開始は正午前。これから引きの潮が流れるはず・・・・・・・・・・。

だがなかなかその潮が流れません。

やはり、潮の大きさによって流れる時間が変わるのでしょう。

やっと流れが良くなったのが午後2時頃からでした。

そしてここから約1時間半はコンスタントに釣れ続きました。

だが、いつもより納竿が遅くなったので、R2は渋滞。

自宅に着いたのが午後5時前。

当然真っ暗!  氷はたっぷりあったので、明朝料理することに・・・。

朝起きたのが7時前。

今日は午前11時に葬儀に!

バタバタしながら背開き開始・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

やっと終わった。

余裕のよっちゃんでした(古)。

手が・・・・・魚臭・・・・・・・(苦笑)!

今回はコンダケ~!

18usimado.jpg

早朝から来ていた方は先に引き上げましたが釣果を聞いてみたら「27匹でした」と言っていました。

それを考えると、この場所は慌てて入らなくても結構いけますね。

一言

レギュラーな場所はそこそこ釣れるので、どうしても沖向きに釣り座を構えるのであろうが、誰も鼻にもかけない場所でもいい場所はあるってことです。

すなわち竿抜けポイントっちゅうことですね。

終わり~!     

一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif"border=

20℃割った

先日釣ったサヨリは酒の肴と餌用とお裾分けしたので在庫が乏しいのでちょっと行ってQ!

usimadoayoake1.jpg

あまり綺麗なので釣りを開始する手を止める。

usimadoasahi.jpg

月は西に・・・

usimadotuki.jpg


例の如く・・・午前  時・・・多くは語らん。

着いて即竿出し! だがな~んも当らん。

やはり水温が20℃を下がったら食いが渋いのか、それとも居ないのか・・・。

やっと来たのは釣り開始して1時間経ってから。

釣り人が段々増えてきた。

turihuukei16.jpg

でもサヨリより釣り人のほうが多いみたい。

潮は右から左にダダ流れ。流す距離がない。

正午過ぎ、そろそろ潮も落ち着くはず・・・。

今度は左から右に流れ出した。

これが良かった私の右にはだれも居ない。 っつうか右端角じゃもんね!

そしていい潮目が出来てきた。

それに沿うように流すと・・・ドスン・・・はねえな! アタリウキがピューっと横走り。

釣れるわ釣れるわ! と言っても流れが変わるまで3匹じゃったんよ。(泣)

引きのポイントはここ!

hikipoint.jpg

見るともう午後3時。こりゃあ絶対渋滞に巻き込まれるのは必至。

では、帰りは山陽ICから帰ることに!

瀬戸内市を通ってインターチェンジまで長かったこと。

でも高速に上がったらあっという間にOSICに到着。

時間的にはおんなじじゃったんよ。

釣果は尺オーバー2匹を頭に・・・

chouka16shaku.jpg

こんだけでした。

chouka16.jpg

今回の釣果ならず成果!

この場所で竿出ししたのは3回だけ。 サヨリといえども潮によってポイントが変わる事が判った。

今度は無駄なく釣りをやっちゃるぜ!

おしま~い!


一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif"border=

初太刀

二夜・・・じゃなかった二日連続早朝起き!

午前2時半目が覚める。

・・・まだ起床には1時間半ある・・・ウトウト・・・寝れん・・・ウトウト・・・寝れん。

午前4時・・・ピピ ピピ ピピ~!

けたたましく目覚ましが鳴った。 目を閉じてただけの1時間半でした(爆)

さ~って待ち合わせの場所に出動!

今日はO田さんの案内で初の乗合船でのタチウオ釣りです。

・・・っと、勢いよく出発したのは良いが昨日釣ったサヨリを餌に使うつもりで冷凍保存していたのに気づき即Uタ~ン!

5分のロスタイム。

午前5時 15分前待ち合わせ場所に到着。まだ来ていない。でもJUST5時に皆さん到着。

総勢4人でいざ出発! 目指すは岡山のYS漁港。

到着するとちょうど漁協で競りが行われていたようで車でごった返していた。

午前7時出港。目指すは南の隣の県のM崎方面。

hiutinada.jpg

約50分弱で到着。 既にこの有様。海の銀座ですわ!

tatishuudan.jpg

早速準備しようと思ったら船長が「行きがけにやっとかなあ あかんで」  ごもっとも・・・!

turihuukei.jpg

O田さんは反対側に陣取った。荷物になるという事でクーラーは私の30L一つだけ。

私は早速持参したサヨリを付けて仕掛けを降ろす。

他の方は常備されているイワシとサンマの切り身。O田さんはサンマを使用するらしい。

そしてハイ上げての船長の声。

すると反対側からO田さんがサーベル握りしめて私の処にやってきた。

そうじゃったクーラーは私のしかないんじゃった。

私にはアタリすら無いのに・・・。

そして私の右隣の方もロッドを大きく曲げている。

なんでやねん。どこが違うの~?

やはり餌か…郷に入っては郷に従えっか・・・!

ではイワシを使うことに・・・。

テンヤに縛っている時、内臓が出てグチャグチャ。強く縛れば縛るほど潰れる。  やっとれん。

そして船を潮上に移動するたびにO田さんは太刀ぶら下げてくる。 時には両手に2本づつ・・・。

けなりいのう(うらやましいなあ)

そしてよーく見ると皆さんワイヤーを付けていない。

これがおえん(いけない)のかのう・・・。

外してやってみると・・・あら~~~不思議竿先にフワフワ・・・ドスンときました。

必死で巻き巻き。 上がってきたのはF3.5です。

でも餌がグッチャグチャ。 即 付け直しです。

そこへO田さんが来て「サンマが餌持ちええよ!」

私はすぐ交換!

tatiesa.jpg


これが良かった怒涛の5連荘ですわ~!

これが今回最高のF4です。

tatif4.jpg

潮が変わったのか船団が集まってきました。

tatisendan.jpg

船長が「底に反応があるよ~」 って言ったから「何処?」って茶化すと「ア・ソ・コ」って帰ってきた(爆)

楽しい時間はあっという間に過ぎ午後1時半納竿。

自宅に帰ったのは午後4時頃。 昨日干していたサヨリを小分けして空気を抜いて冷凍保存に。

sayorihozon.jpg

タチウオは全部でこれ・・・おい!撮ってる時 邪魔しないで!

magototati.jpg

って・・・怒れませんね。



というわけで今夜のおかずはタチウオの刺身

tatisasi.jpg

塩焼き!

tatisioyaki.jpg

骨せんべい!

tatihonesenbei.jpg

お吸い物と酎ハイ、写メ忘れた~~!

残りは娘夫婦にお裾分け。 あとは切り分けして冷凍保存。

O田さん今日は大変お世話になりました。他の方にも宜しくお伝えくださいませ!

それでは   おしま~い!

一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif"border=

トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
一日一善・・・宜しくお願いします
J F S
こちらも一日一善・・・宜しくお願いします

jfs.gif

最新情報
釣行予定
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新トラックバック