佐組島のメバル&チヌ

午後5時、ロドマンさんを乗せて、一路本郷インターまで向かっていると船長から電話!


「次の予約が入っているから早めに来てください」 「了解~!」

と言ってはみても、ここからは普通に走っていては間に合わない。


仕方ない!平均時速100から倍に上げるか・・・・!(嘘爆)


途中 ワープ機能を使用して指定の時間2分前に忠海港に到着。速や!(爆)


すでに船長待機! そしてもう一人一緒に行くY原さんがお出迎え。


雨は小康状態で霧が発生して、少し前が見づらいが、船は順調に進み、明るい内に佐組島に到着。


まずは付近を散策。前方に大崎上島の鮴港桟橋が展望できる。

CA3F1282.jpg


そして左手は満潮時には沈む石垣。


CA3F1284.jpg

右手には白いタンク。

CA3F1285.jpg


付近の水深は深い所で約2mといったところであろうか。 これでは潮が満ちて来ないと釣りにならない。


そしてここもガラ藻が繁茂しており、干潮時は誠に釣りづらい。


陽が暮れるのを待って、早速ロドマンさんと私はサグリ開始。Y原さんはウキ釣り仕掛けで遠投している。

yharakun.gif


釣りを開始してから1時間、やっと納得のいくサイズが釣れた。


CA3F1286.jpg

計測すると23cm。  ここではいいほうであろう。


その後18~24cmクラスを20数匹追加。このまま釣れればクーラーが重たくなるのは確実。


CA3F1287.jpg


しかし、そううまくいかないのが世の常。 こんなのが釣れだしたから、あまり良いとは言えない。

CA3F1288.jpg
 

そして、こんなのが浅場でウロウロしていたらメバルもオチオチ散歩に出れないに違いない。

CA3F1289.jpg


わたしが一枚。ロドマンさん一枚、Y原さんは二枚ゲットした。


潮が段々高くなってきた午後10時過ぎ、足元の約1ヒロの浅場で良型がヒット!藻に絡みながら上がったのは25cmのブルーでした。

CA3F1290.jpg

そして満潮の潮止まりを境にアタリもパタリと止まり、全く釣れなくなった。


そしてその頃から濃霧が発生。一寸先が見えない状態。餌の確認も出来ないほどだ。


これでは明日の朝の迎えが危ぶまれる。 そんな心配をしながらとうとう朝を迎えたが、雨じゃなく霧でビッショリ!


そしていつ来るかアテのない迎えになりそうだと思ったので波止の上で釣果を確認。


お持ち帰りはコンダケとさせていただきました。

CA3F1294.jpg


しかし船長「全然前が見えんかったけどきたよ~!」って10分遅れで来てくれた。


Y原さん・ロドマンさん お疲れでした。今週末は尺じゃね!(謎爆)





jfs.gif


トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
一日一善・・・宜しくお願いします
J F S
こちらも一日一善・・・宜しくお願いします

jfs.gif

最新情報
釣行予定
22日は初めて行く海域でのメバル釣りです。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新トラックバック