逆光ウキ

勤労感謝の23日に行って来ました。当然細魚です。

というのも、これを検証してみたくなって(笑)

前日この艶消しスプレーで・・・

tuyakesi.jpg

アタリウキ(チヌ用フカセウキ1~1.5号)に吹き付けて乾燥。

gyakkouuki.jpg

逆光ウキ!

釣り場が南向きなので正午あたりから光って見づらくっちゅよりも、何にも見えなくなるんです。

特に黄色は最悪!

その釣り場でいつも釣っているある常連さんの一人がそのウキでバンバンアタリを捉えていたんです。

私なんか竿先が引っ張られて合わすぐらいです(苦笑)

そして釣り場へ・・・!

祭日なので混んでいるかと思いきや、数人しか居ません。

最初は角に入っていたのですが、北風が強く激寒!

そこで中央辺りが空いていたので、入らせていただきました。

隣の方は「初めてで・・・まあ日頃のうっぷん晴らしにきたんです」と言う。

でも釣れるのはフグとママカリばっかりのよう。

私が、「他の方 サヨリ釣れていらっしゃるのに、フグやママカリばかりではますますうっぷん溜まりますよ!」

って言ったら、「そうですねえ・・・。でも釣れ無いんです」

・・・と言いながら、仕掛けを上げては撒き餌カゴと餌が付いているアタリウキの絡みを直していた。

ちょっといらんおせっかいをした。

「なんで絡むのか分かりますか?」というと、判らないと言われたので、こうお答えした。

「アタリウキと撒き餌カゴの間隔が短いので、投げて着水した時同じ場所へ同時に着水するので絡み易いんです」

「私のはその間隔を1ヒロ取っています」尚且つ!「そちらのアタリウキは発砲ですよね?」「はい」

「私のはチヌ用の中通しウキを使っています。何でか分かります?」「いいやわかりません」

「それはですね!貴方の仕掛けは投げた時、撒き餌カゴは撒き餌を入れて重いのに対し発砲は軽いので、どうしても撒き餌カゴが先行して、あとから発砲のアタリウキが付いて行く感じなんですよ」「なるほど」

そして「着水した時、カゴの上にアタリウキが重なって絡み易くなるんです」「そうですね・・・」

「それを少しでも解消するためには着水前にスプールに指を当てて若干ブレーキをかけてやるんです。そうすればアタリウキが着水の時先行するからなんです」「なるほど!」

「でもその市販の仕掛けではなかなか難しいでしょうね。先ほども言ったように私がチヌ用の重たいウキを使って間隔を開けているのか分かります?」  「いいえ!」

「それは投げた時の遠心力により それぞれの方向に行こうとする力が働き、間隔を開けて飛んでいくからなんですよ」

と言い、投げて見せてあげると「目から鱗です」とおっしゃられた。そして着水前は当然サミングです。

「でも重たいウキでアタリはでるの?」っていうから、「固定していないから大丈夫。ただ、放っておくと餌が沈んでしまうので、遊動距離を30cmにしてあります。」

「アタリはどうやって見分けるの?」

そこがポイントです。

投げてラインを張って、ゆっくり巻くことにより手前に撒き餌カゴのウキ!その沖にアタリウキ・・・!当然潮が流れていないときは手前から一直線に見えると思います。

そしてこの時、アタリウキが右か左に少し動く時があります。 これがサヨリが餌を咥えて移動を開始した合図なんです。

その時軽く合わせてやるのです。

当然放っておくとカジキみたいにジャンプして針掛かりいたしますが、大体喉の奥深く飲み込まれていることが多いです。

等々詳しく教えてあげた。

すると、「今日は勉強になりました。これじゃうっぷん溜まりそう!溜まる前に帰ります」と言って帰られた。

「またお会いしましょう!」

さて・・・時間も午後2時過ぎ・・・。30匹近く釣ったので帰ることに・・・。

帰路は祭日なのでスムースに変えることが出来た。

今回は尺越え4匹でコンダケでした。

1123chouka.jpg


週末はイカ釣りを予定していますが、行けるかどうか・・・。  天気次第 !

おしま~い!


一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif"border=

トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
一日一善・・・宜しくお願いします
J F S
こちらも一日一善・・・宜しくお願いします

jfs.gif

最新情報
釣行予定
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新トラックバック