おるやん!

いつの事だったか・・・、ここに降りた方が、「駄目じゃなあ。今年は小さいのばっかりじゃ」と言ってた事があった。

ん?ここって何処?   前記事の写真を参考に!  今回は場所の名前は一切書きません。


知ってる方はそれで良し!


んで!今回は簡単且つ明瞭に綴っていきますんで!


いつものことながらここは、こんな流れ・・・!


CA3F2871.jpg


どこを釣ろうか初めて上がった者は面食らってしまうに違いない。


結論から申しますと・・・・・おいおい!もう結論かい?って言うでしょうが、この船での釣り客総勢12名。


カンロ飴を食べていた方を除いて全員が惨敗に近い釣果だったらしい。


大半がウキ釣りのようでした。


ここも前回上がった方が「いつもはこのへんで入れ食いじゃったんだが・・・・」とか言ってたが、ここが大きな間違いなんです。

つまり、春夏秋冬にマッチした釣りをなさってないからこのような結果になってしまったのです。


ずばり言いますと・・・・、「夏のメバルは浅場を釣れ!」


それには条件があります。


まずは、春はここに藻が点在していたが、夏は藻がなくなってゴロタ石であること。


満潮時、そのゴロタ石にメバルが隠れています。


春の場合は、藻の中に隠れていますから、何処でも釣れたのですが、夏は石にメバルが付いています。


そして、狙うポイントは限りなく底近くを狙ってください。

「んなことねえよ!ウキで上のほうでも釣れるよ」・・・とおっしゃってる方もいらっしゃるかと思います。


それは決して間違いではありませんが、夏メバルを釣る為には食性を頭に入れていなくては成り立ちません。


春のメバルは小魚を追いかけ回しているため、上層付近や灯りの周囲が良い事は皆さん知ってらっしゃると思います。

では夏はメバルがどの付近で行動して何を食っているか知ってますか?


春は藻があったから、たとえその場所が砂浜でも釣れたのですが、夏は藻の代わりの石に隠れています。


満潮とともに今まで干上がっていたゴロタ石に隠れています。


そこの場所の水深が1mでもかなり釣れます。


ではなにを食っているのかというと、海底近くに生息している生き物です。


ズバリ!エビ・カニ・虫類です。


春なんか虫餌は完全に無視されます。


だから釣るポイントは底なんです。


ウキ釣りでアタリが出なくても、サグリで底近くを釣っていればアタリが連発します。


釣る基本ポイント(場所)はmebaru365のほうに記載していますので、参考にしてください。


上層付近で釣れるのは朝夕のマズメ時のみでしょう。


今回上がった場所は、某渡船でペラ脱落事件以来一年ぶりです。


ポイント健在!  でも写真の矢印付近にはなんもおりませんでした。


今回はこんなのや・・・・!

CA3F2873.jpg


こんなのが数多く・・・!


CA3F2875.jpg


こいつは引き味グンバツ!でした!

CA3F2879.jpg


そしてゲストフィッシュも型揃い!

CA3F2877.jpg


CA3F2878.jpg


17~8cmはリリースし(一部針を飲みこんだモノは持ち帰った)、お持ち帰りはコンダケでした。


平均サイズ23~4cmってとこでしょうか。50匹ほどいました。

CA3F2880.jpg

ゲストはこれだけ!

CA3F2881.jpg


夏メバル最高!


ポチっと宜しくお願いです!

 
         
こちらもご覧下さい。

jfs.gif


スポンサーサイト
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
一日一善・・・宜しくお願いします
J F S
こちらも一日一善・・・宜しくお願いします

jfs.gif

最新情報
釣行予定
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新トラックバック