此処しかない!

釣り友と日曜の晩から月曜日にかけて釣りに行こう!・・・って計画していたのだが、天気予報では日曜の後半から雨。しかも風も段々強くなるとのこと。

では一日前に行かないかと促してみるが、家庭の事情でどうしても駄目だとのこと。

仕方ない。1人で行くことに!

さていつ行こうか・・・・・。何処に行こうかは決まっているのだ。

数日前、松山に電話してみるが「この寒いのに誰も居ません」・・・との返事。

これは間違ってると思う。本当に好きなヤツは寒かろうが暑かろうが、行きたいのである。天気さえよければ!

・・・ということで、急遽しまなみの渡船屋に電話。

するとパラダイス島方面の半夜があると言う。これに便乗するしかないでしょう。

「迎えは午後11時ですから11時半にM方港へお願いします」と渡船屋さん。

1時間早く桟橋に着いた。ここで思わぬ光景が!

尺アジ釣れてます。早速私も便乗したが、駄目でした。

定刻出発。着いた時は潮は引きに入ってました。

H山から車で来られたという先客が2名。同年輩のような感じでした。

もうここに50年も通っているとのこと。65歳なら15歳からだが・・・・。

まあ深く追求は致しますまい。

二人は明神から電気ウキを飛ばしています。

私は竜宮城に渡ってからの開始。時間は・・・あと1時間はあるので二人の釣りを見学。

しかし、その間ウキが消し込まれることは無かった。

いざ上陸。目の前からサグリ開始。

しかしググっとくるがなかなか鈎に乗らない。かなり食いが浅いようだ。

今度は乗った。丸々太っている20m級だ。

その後もランディング中にバラシ連発。

アタリもこんな具合だ。 モゾっとくるが、その後の引き込みは全くの皆無。

竿先が根に持たれたような感覚。アワセを入れるとグっと持っていく感じだ。

やはり低水温が影響しているようだ。

ここでの大型・・・と言えば、これが最高。

CA3F3343.jpg

今夜はマイナスの干潮位。引きすぎても良くない。

頃合いを見計らって次の獲物に移行る穴蔵に潜むヤツ。食い扶持は確保出来たので終了!

その後約2時間仮眠。風がほとんど無かったので、寒さは感じなかった。

今回は大物と呼べるモノは出なかったが、24~26m級がこんだけ!

CA3F3349.jpg


そして全部でこんだけ!

CA3F3348.jpg

メバル30匹・カサゴ3匹。


副産物はこんだけ~!

CA3F3350.jpg


アカナマコが3つ。

CA3F3351.jpg

以上でした。

そうそう永年使ってきたバッグがこんな事になってしまいました。寿命です。

CA3F3352.jpg

10年前に購入した餌箱も新しいのに買い換えました。

CA3F3353.jpg

最近のはかなりちゃちです。すぐ壊れそう。

でも生き餌を入れるのはやはり木製品がお勧めです。

理由は餌から出る体液を吸収してくれるので生存時間が長くなるからです。

プラスチック製は体液が底に溜まり、その体液を餌が吸い込み活きが悪くなってしまい早く駄目になるからです。

そんな時は餌を購入する時に粉を大目に入れて貰う事です。この粉が悪水を吸ってくれるのでかなり違います。

                                                           ジャンジャン! 


一日一善!宜しくお願いしますm(_ _)m! きっと何か良いことがありますよ。




jfs.gif






記事を投稿終えた夕方、ポストを見ますと・・・・・・・・・・・・!

来た~!

すっかり諦めていたのですが来ました。

これです。


CA3F3354.jpg


キャプテンKENさんからの卓上カレンダー!

ありがとうございました。大切に使わせて頂きます。

今年も良い釣りが出来そうです。
スポンサーサイト
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
一日一善・・・宜しくお願いします
J F S
こちらも一日一善・・・宜しくお願いします

jfs.gif

最新情報
釣行予定
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新トラックバック