柳の下にバケモンが居た!

釣行の前日、一本の電話が・・・!


姫路のKさんからです。


こてこての関西弁で「あんな!明日行くねんけど、二人しか居てへんのんよ。行かん?」


丁度良かった。渡しに船です。


「土曜日雨っぽいから明日行こうと思ってたんよ!」


という事で昨日の午後3時、自宅を出発・・・また一時間フライング!


高速のパーキングで時間調節です。


CA3F3617.jpg


通勤割引でゲートを出てしまなみ海道へ! IKT島を目指します。


渡船場に着いてまもなく姫路組も到着。


直ぐに渡船到着。行き先はTB島。途中Tさんをパチリ!船内に見えるのがKさん。


CA3F3618.jpg


私が上がった磯は、以前Tさんが良い思いをしたといういう事で迷わずあがりました。


西方向に離れ岩が・・・。


CA3F3619.jpg


東には佐島。豊島。


CA3F3620.jpg


さあやろうと思うが、目の前には長~いガラ藻がびっしりで釣りにならない感じ。


でもブツエビだから何とかなるっしょ!


でも何とかなりません。流れたらすぐ藻掛かりしてしまいます。


陽が落ちて満ちてやっと20cmが釣れました。


CA3F3622.jpg


その後25cmクラスを2匹追加。その一匹です。


CA3F3624.jpg


そして藻が海面下に沈んだら・・・!

釣れるかと思いきやさっぱのさーやん!


釣れても15cm止まり。すべてリリース。


どないなってんじゃ。夜食を食べて後半に備えます。


CA3F3625.jpg


一眠りして釣り再開。


ゆっくりハナレの方向に流れ出したとき、そいつはやってきました。


水深は3mくらいあるが藻に掛かるため水面下を引くと一気に竿を持っていかれました。


慌てて竿を立てたが、藻に突進されて動かなくなった。


少し道糸を弛ませるとググっと持って行くが、外れそうもない。


一気に竿を寝かせて待っていると、運良く動き始めた。


よ~し!今度はこちらの番じゃ!


と、思ったのもつかの間。手前の藻にまた入られた。


そして綱引きに負けた・・・つうよりも今度は簡単に切れた。 前の藻でラインに傷が付いていたのだろう。


上がっていれば30cmはあったかも。その前に釣った25cm級のものより数倍引きが強かった。


此処にはバケモンが住み着いているようだ。


ただ、藻が無くなったら居ないようになってしまう気がした。


なぜならこの島は花崗岩で出来ており、岩の表面がもろく、荒波に揉まれると岩が丸くなりメバルの好む穴の住処が少なく、いわゆる回遊性が多く今の時季は藻が隠れ場になってはいるが、藻が少なくなったら隠れる場所が制限されるような気がする。


午前3時、急に睡魔に襲われた。


2時間の仮眠後、東の空が明るくなってきた。美しい朝焼けである。


CA3F3635.jpg


そして日の出!これは釣り人にしか味わえないものだ。


CA3F3637.jpg


心が洗われる一時だ。


3連発!

CA3F3644.jpg


CA3F3647.jpg


CA3F3648.jpg


良い目の保養をさせていただき感謝感謝! ん?目の保養?変なこと想像した貴方。正常です(笑


渡船に乗り込みTさんの釣果を見てびっくり!


40cm級のアッコちゃん釣ってました。4.5mのノベ竿ですから大したものです。


CA3F3650.jpg


さて・・・私の釣果ですが、例のモンスターと申しましょうか、化け物と申しましょうか、釣ってたらヒーローになれたんですけどね。いつものことながら逃げた魚は大きかった!


んで、お見せできるのは・・・こんだけにしときまっさ!


CA3F3652.jpg

柳の・・・いやガラ藻の下にはバケモンが居る事だけは確かである。


一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif




こちらもポチっとしていただけたら幸いです。

スポンサーサイト
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
一日一善・・・宜しくお願いします
J F S
こちらも一日一善・・・宜しくお願いします

jfs.gif

最新情報
釣行予定
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新トラックバック