続・伝心伝承

お待たせ致しました。

前記の記事だけでしたら、自己満足的な自慢話にしか思えません。

どこでどう釣ったのか見る側にとっては興味があると思います。

前置きはこのくらいにしておいて、今回の釣行について触れていきたいと思います。

今回利用した兼久渡船さん!ダッシュ島のほうが忙しくなかなか出船出来ない週末が多いようです。

すると、金曜日に出船する予定があるとの情報が入った。

これを逃す手はない。 若干潮が今一なのが気になるが・・・。

まあそこは潮汐表と睨めっこして場所を選定する事にした。

満潮が21時過ぎだから、引きの場所を選ばなくてはならない。

2~3カ所選定していたのだが、運良く第一候補に上がる事ができた。

その場所というのは「殿」。

4カ所渡れる場所があるのだが、引きの場所といったら通称「ワレ」しかない。

ここでは去年尺クラスが上がったらしく、期待は十分持てる。

本来は小潮周りに上がれればベストなのであろうが、まあ今回はそんなにも流れないだろうと高をくくっていたのが大間違い。

午後5時前、島に到着。まずはエギングをやるが底が取れません。

まだまだ満ちの潮がゴーゴーと流れていて落ちたら何処まで流がされるんだろうと考えてしまう。

CA3F3774.jpg

ゆっくりと仕掛けをセットする事に!

        CA3F3771.jpg


なんせ日没までまだ2時間近くあるんだもん。

そして2カ所に蚊取線香をセット!

西の空が黄昏色に変わってきました。

CA3F3775.jpg


そして夜の帳が降りて、釣り開始・・・じゃないんだなあ~!

ここは引きの釣り場。写真でもお分かりのように満潮の午後9時頃まではこの状態が続くのであります。

やっとアタリが出始めたのが午後8時を回ってから。

ポイントは一段と高い場所によじ登った場所から海に向かって左の磯の壁際。

型は18~20cmだが1投一匹のペース!

そして潮止まり。食わなくなった。

約1時間はなんにも釣れない。

潮の流れが反対になりかけた時、事件は起こった。

大きな沈みの向こう側に胴突き仕掛けを投げ入れて手前にサグッテきていたら、極小のアタリ!コツ!

軽く合わすとグングングンと竿が大きく曲がった。

かといってマダイではない。なぜならマダイは掛けた瞬間、一気に沖に走るのが定説。

普通はドラグを緩める間もなくプッツンとやられる事が多い。

明らかにこれは手前の沈みに突進しているような動きを見せている。

間違いなく根魚である。

2~3m巻いたところで手前の沈みに生えているだろうと思われる藻にもう一つの鈎が掛かってしまったようだ。

緩めればググっと竿先を持って行くが鈎が外れない。

その内掛かっていた魚もどこかに行ってしまったようだ。

仕方なく綱引きして仕掛けを切り、新たな仕掛けをセットして投入!勿論下の鈎はカットした。

ラッキーな事にまたまたアタリ!

こんども同じくらいの手応え十分な重量感が手に伝わってくる。

これは難なくシモリをクリア!  手前の足元まで寄せて来ることができた。

しかし・・!抜けない・・・重すぎて!

これはタマ網が・・・・アイヤ~セットしていませんでした。

仕方なく下まで降りて行く事に・・・。恐い!

そして仕掛けを持って岩に放り上げました。

こっこれは行っているじゃないんかな?尺!

CA3F3778.jpg

正確に言いますと、口開け30! 口閉じ29.5!

まあまあまあまあ 予は満足じゃ!

潮が引きに入って釣れるかと思いきや、ポロポロって感じ!

本来は足元で釣れる筈なのだがアタリが全くありません。

更に潮が下がり、やる気喪失モードに突入!

寝ることも出来ない。大きなムカデがいたから(笑)

遊び半分で右に投げていたところまあまあの手応えがきた。

上がってきたのがこのお方。

CA3F3780.jpg

計測するとコンダケでした。

CA3F3781.jpg


同じ場所で3匹追加。  これは期待が持てそうだ。

だが、午前3時を回ったところで満ち潮に入ると流れが強くなり、メバルが捕食出来る流れではなくなった。

なんだか東の空が明るくなってきた。時計を見ると午前4時を回っていた。

釣れたのは満潮前後のみに集中しただけに終わってしまった今回の釣行。

小潮周りに上がれば満ち引きできそうだ。

この場所のポイントは沖ではあまり釣れない。

磯着けしたところが最もベスト。足元に押してくる潮を狙う。

そして今回たまたま釣れた尺?が釣れた場所は、高い場所に上がって左側にある沈みの周辺をサグルのがベスト。

釣る時間は短かったがまだまだ大物が潜んでいるようだ。

今回は大物だけにターゲットを絞っての釣行だったのですが、近所の理髪店に頼まれていたので、それなりの金太郎メバルもお持ち帰りさせて頂きました。

CA3F3785.jpg

余談話

その1  今回の釣行にあたっていつもの釣り具屋さんで餌の砂虫を購入したつもりだったのですが、釣り場に着いていざ釣ろうと思ってクーラーから餌箱を取りだし、開けてみるとビックリ! なんだかグリーンがかった大きな餌です。
ナヌ?これって青虫? 時たま青虫が混ざっている事もありますが、今回はどこを探しても頭の茶黒い砂虫は一匹もいません。

砂虫は頭が黒っぽいのに対し、鈎に餌付けする時も指を咬まれそうになるし、明らかにこれは青虫です。

長さも10cm有れば十分のに対し大きいのは15cmもありました。

その点砂虫は、大きいので10m。私が使用して食いが良い長さは7~8cmがくらいだ。

釣れる気がしない。 案の定前アタリから本アタリへの移行が少ない。

青虫の先っぽだけちぎって逃走するもの、咬んで硬いと判断して食うのを止めるものも多かった。

砂虫は大きくないほど一気に頬張ってくれるので鈎掛かりがよい。「こんな小さい餌、見えるの?」ってお思いでしょうが夜行性のメバルにとっては容易いこと、透明なアミエビだってはっきり見えているんですから。 だから船釣りでサビキ釣りが成立しているんですから。

「砂虫より青虫のほうが安いし~!」と考えている方! これが大きな間違い。

同じ100gを買ったとします。少々砂虫が高めですが、ここが考えどころ!

一匹いくらじゃなく計り売りですから、大きな青虫ではすぐに100gです。店によっては大小分けて売っておられるところもありますが、それでもかなり大きい。

その点砂虫は小さいので100g辺りの匹数は断然多い。こちらがお得です。

ただ青虫にも利点が。 それは夜に虫が光るというんですが、見たことあります?私はありません。

そしてウキ釣りでビュンビュン投げる方にはこちらのほうがちぎれなくていいかもです。硬いから!(笑)

大きすぎるのは切れるかも・・・。でも絶対に短く切って使うのは厳禁!

これは理由があります。ちぎる事によって体液が流れ出し直ぐに白っぽくなって死んでしまいます。

また、チヌのように臭覚・嗅覚に反応する魚に対し、メバルは視覚に反応しやすいからです。

だからサビキ釣りで一つの針にメバルが掛かると他の針の動きに反応して次々に針掛かりするのです。

またブツエビの撒き釣りでも餌を付けていない針にも食ってくる事があります。これは食っているメバルが動くのでなにも付けていない針が光ることにより食い気が出てきているわけです。

昔、大針の小餌が良いと言われたメバル名人がおられましたが、その通りなんですが、これはウキ釣りの場合。

私は胴突きのサグリ釣り!ですから小餌には賛成ですが、針は根がかり防止の為、少し小さめを使用しています。

あ~あ!砂虫だったらもっと釣れてたのになあ!

その2 私が住んでいる地域の基準ではお持ち帰りのメバルの基準があまりにも小さすぎます。

ここでなんcmって書いたら反発が有りますので書きませんが、あまりにも小さなメバルをお持ち帰りされる方が多いのには閉口いたします。

「折角高いお金を掛けてここまで来たんじゃから・・・」ってな具合です。

20cm以下は逃がすという方もいれば、25cm以上はキープという方もいらっしゃるし、かたや、15cmあれば御の字よという方も・・・。

これはメバルの魚影の濃さによる地域差によるものでしょう。

私が地元にあまり行かないのはこれらが原因です。

せっかく来たのだから何かお土産をと、可哀想なくらい将来尺になるであろうというメバルをお持ち帰りが悪循環を産んでいます。

お持ち帰りには、その点を十分考慮してください。

言い訳! 今回18~20cmクラスを30匹ほどお持ち帰りがありましたが、これは頼まれモノ!
     我が家のキープは5匹のみでした。

一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif







スポンサーサイト
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
一日一善・・・宜しくお願いします
J F S
こちらも一日一善・・・宜しくお願いします

jfs.gif

最新情報
釣行予定
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新トラックバック