滞在時間3時間

夕方前現地到着。

場所は往復900円のフェリーで行ける島。

ここ!

CA3F0314.jpg

まだ明るさの残る午後5時過ぎ、埋め立て地で竿を出しているご老人が居たので話しを伺った。

NTY「なに釣ってらっしゃるんですか?」

ご老人「コウイカじゃ・・・・一昨日はバカバカ釣れたんじゃ。あそこの墨はわしがみんな付けたやつ!」

見ると直径1mくらいが真っ黒になってました。

ご老人「きょうはいけん!じゃけど大ダコ釣れたからね」

バケツの中に大きな足がクネクネしてました。

釣り方は自作仕掛け。大きな針を束ねてカンナを作り、その上にガラエビ?芝エビ?をくくりつけたシンプルなもの。

これを沖に遠投してチョンチョンとしゃくって、少し間をおいてズル引きして重さでアタリをとるっちゅう感じ。

私はエギングで挑戦。 当たりません。

その内ご老人、帰り支度を!「毎日来れるから、長くはせんのんよ(笑)

エビは手前の大きな島の鮮魚店に活きたのを売っているらしい。  ええなあ・・・。

ご老人が帰ったあとも、シャクッテいると・・・・ドスンと来ましたがな!

ロッドが大きく曲がります。マキマキマキマキしますが、なんか生命反応に欠けます。

水面に浮いてきました。藻が絡んでよく判りません。

なんか黒っぽいもんが付いてるかんじ。

アイヤ~!私の分身によく似ているやっちゃ。しかもデカイ(そんなエエモンかいな)


これです!











CA3F0313.jpg


午後6時半、ポロポロ釣り人がやってきました。


島の住人アングラー。狙いはやはりメバルです。


島の住人アングラー「釣れた?」

NTY「これからです」

島の住人アングラー「ここは大きいのはいないよ」

NTY「20cmが釣れたらお持ち帰りしようと思ってます」

島の住人アングラー「20cmあったら良型よ! 大体15cmあったら持って帰らないとお土産ねえよ」

NTY「・・・・・・・・・」

やってもやっても釣れてくるのは15cm有るか無し。

釣り開始から2時間。みるとこの短い波止に・・・なんと10人もさばってます。

一気に緊張の糸がプッツン!

毎晩出来るからこの程度の魚でもいい・・・というより毎晩島の住人のコミュニケーション広場って感じです。

防寒服で顔はよく判りませんでしたが、仲良く釣れたのが今回の最大の釣果・・・いや成果でした。

また来たときは宜しく~って告げてこの場を去り、次の場所へと思いましたが、橋を渡って次の島へと思いましたが、過去釣れた記憶が無い!

よって帰路に着くことに。

電話で「おい晩飯はあるか?」  「あんたが釣りに行くからいらんと言ったからないよ」「・・・・・・・・・・!」

仕方なくどっかのコンビニで晩飯食べることに。

まだまだ冬眠しといたほうがいいかもね!


・・・ということで、サプライズは    ナマコのみ!  

15cm前後のメバルは全~えん~部 住人のバケツにシュートいたしました。ジャンじゃん!




一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif







スポンサーサイト
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
一日一善・・・宜しくお願いします
J F S
こちらも一日一善・・・宜しくお願いします

jfs.gif

最新情報
釣行予定
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新トラックバック