接点

お題は「接点」

なんじゃ?それはとお思いでしょうね。 私も衝動的な書き込みです。

それはある釣り番組での時の映像です。

S・journeyでのワンシーンでの事。

川の中に入って前に出てルアーを振るMさん。  

そしてとうとう90cmオーバーの市バスを仕留めてポーズをとる後ろに軽トラに座って竿を3~4本出している姿が写ってます。

私は若干の違和感を覚えましたw。

地元ではこのスタイルでやっているんだなあ・・・。

待って待って釣れなかったら今日はダメじゃった・・・でお帰りになる方々でしょう。

ただ同じエリアでこれをwらすってのはどうでしょう。

これは接点じゃなくセッティングの問題でしょうかな(爆)

今回はこれが問題じゃあないんですが、この釣りスタイルが問題なんです。

つまり待ちの釣りで魚をゲットするか、それとも攻めて攻めて魚をゲットするか、その魚との最初のコンタクトを問題にしたいのです。

私は後者です。

例題をいくつかあげてみます。

メバル編

「あっ!ウキがは入った!」

ウキ釣りをしてメバルとの最初のコンタクトです。

しかしこれが最初のコンタクトではないかもしれませんよ。

使用する餌にもよりますが、虫餌の場合、前アタリというものが必ずあります。

まず虫のしっぽをちょっと啄みます。 これが前アタリです。メバルとの最初のコンタクトです。

ウキが少しピョコンとなった感じです。 この瞬間を大切にしたい。

その後ゆっくり入っていくのが本アタリ。これが一般にいうアタリです。ここで合わせます。


探り釣り編

探っている時、モゾっとかコツンとしたのが伝わってくるのが前アタリ。 これが最初のコンタクトです。

この瞬間を大切にしたい。

その後竿先がゆっくりお辞儀するのが本アタリ。 ここで合わせます。




シロイカ編

二通りの釣り方から多点掛けとイカメタルについて。

多点掛け

関東ではイカズノのスッテを15本くらい付けて、その仕掛けの長さは20m。

水深40mでその半分が仕掛け。 何考えてんだって言いたい。まるで漁師じゃん。

どこかに卸すの?

これは別として、日本海では普通は5~6本のウキスッテでやっているらしいが、私はやったことがない。

それらの釣りではまずイカとの初コンタクトは合わせた瞬間時にくる重量感で「来たよ~」って感じです。

そして置き竿での違和感ある竿の動きでイカからのコンタクトをみるだけであろう。

イカメタル

今流行りのイカメタルゲームである。

これは下に鉛のスッテとその上にウキスッテを付けたリグで、アジングでもメバリングやタイラバのロッドでも対応出来る。

大きく竿を上下させてstay!、ジギングのようにリールを数回転巻いてstay!、その棚でシェイクシェイクしてstay!

そのstayした瞬間にイカがスッテにコンタクトしてくる瞬間に竿先に表れる微妙なアタリや手元に伝わってくる感触を私は大事にしたい。


昨日イカを釣りに行った時、若者が居たので聞いてみた。

NTY 「きみらどんな釣り方するの?」

若者 「スッテ5本で電動リール」

NTY 「ええ若いもんがなんちゅう釣り方しとんねん!」と言ってやった。

若者「 おじさんはこれ一本?」

NTY 「当たり前田のクラッカー!」(ちょっと・・・いやかなり古いギャグでした)

多く釣れる事にこしたことはないが、感動ある一匹一杯を釣って欲しいものだ。


一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif



こちらもポチッとよろしくお願いします。




















スポンサーサイト
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
一日一善・・・宜しくお願いします
J F S
こちらも一日一善・・・宜しくお願いします

jfs.gif

最新情報
釣行予定
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新トラックバック