来島海峡の竜宮城へ!

昨晩は風も無く・・・

ファイル0033

雨の心配も無く・・・

ファイル0032

ベストな日でした。

午後8時過ぎ、松山のIさんと落ち合う。

早速Hさんに電話「お願いします」

約15分で要塞島に到着。

Iさんはそそくさと仕掛けの準備に取り掛かっている。

iosan.jpg

私も準備に取り掛かるが、まだまだ期待が出来ないので、コーヒーを沸かしながらゆっくりと・・・。

潮も満潮近くなってきた。

北側に回り込み、たるんだ場所で竿を出すと小型ながら穂先を叩く。

上がってきたのはスポーニングに参加していないメバルだった。

ku1.jpg

その後何も釣れぬまま2時間が経過。

やっと竜宮城の入り口まで潮が引いた。

約2mを飛べるか・・・(前回は飛べたから飛べる・・・飛べる・・・でも飛べなかったら激流に足を取られてドボン!)

平地ならなんともないが凸凹の岩から岩だ。

ええ~い!・・・・飛べた~!

そしてさっそく釣り開始。  一投目からドスンと来た。

ku2.jpg

だが・・・後が続かない。

まだ時期が早いのか・・・たまに釣れるのはこのゲスト!

ku4 (2)

やっと納得サイズが来た。

ku4 (1)

そして同行のIさんが「ええのが来たよ!」

見るとシャクはあろうかと思われるサイズだ。

iosan29.jpg

測ってみたら28.8cmだった。

もう底近くになって全く釣れなくなった。ここで納竿!

約2時間ほど仮眠をとり、朝一の定期船で帰路に着く。

ku7 (2)

釣果

メバル9匹

k6.jpg

グレ6匹

ku7 (1)

処理はすぐに終了!

ku8.jpg

ここで私のメバルの捌き方を紹介します。

まず鱗を取り・・・腹を割り・・・・・いえいえ私は割りません。

箸を使ってグリグリと・・・はしません。

こうします。

①右手人差し指を口に入れ・・・。

c1.jpg

②片方のエラまで伸ばし・・・。

c2.jpg

③両方のエラを身から切り離し・・・。

c3.jpg

④今度は反対の手の人差し指を差し込み・・・。

c4.jpg

⑤喉を切らぬように両方のエラを人差し指に引っ掛ける・・・。

c5.jpg

⑥そして喉に注意しながら切り離す・・・。

c6.jpg

⑦エラを摑んで写真のような方向にゆっくりと引っ張る・・・。

c7.jpg

⑧更にゆっくりと引っ張り出す・・・。

c8.jpg

⑨このように出てくれば良し!・・・。

c9.jpg

⑩出たのは左からエラ⇒胃袋⇒内臓 となります。

c10.jpg


中には肝臓が残ります。

ただ血の塊がエラ付近に残りますが、新鮮なうちは気にしなくても臭みもさほどありません。

一度試してください。

次回機会が有ればグレの塩焼きをお教えいたします。

ただし我が家流ですからね。

おしまい。

一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif" border=



こちらもポチッとよろしくお願いします。
スポンサーサイト
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
一日一善・・・宜しくお願いします
J F S
こちらも一日一善・・・宜しくお願いします

jfs.gif

最新情報
釣行予定
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新トラックバック