久々の究極

昨日久しぶりに究極に行って来ました。

午後6時半、生口島のT港を出船。  約10分で到着。

さあシャク目指して頑張ろう!  あれ?あれ?あれ?

アチャ~! 携帯を車に忘れてます。

もう後戻りはできません! 続行です。

というわけで、今回は写真ナッシングでいきます。

今回もメバリングと餌釣りでの釣り。

まずはメバリングから!

沖に振り込み、右に流れる潮にカウント10でリトリーブ開始。

ゴン

メバルもう来た!・・・と思ったらヌーチ~でした。 約40cmくらいです。

そしてまたまたドスン!  今度は鈴木さん!

またまたドスン! 今度はヌーチ~です。

今日はクーラー満タンか?

甘くはありません。 陽が落ちてパタリとアタリなくなりました。

今度は砂虫の胴突きで際を探ります。

アタリが極端に小さい。

潮がどんどん引いてます。

午前0時頃になるとまったく釣れなくなった。

そして満ちは川の如く流れて手の付けようもない。

仕方なし、防寒服を着て仮眠! 渡船が来るのを朝まで待ちましょう。

そして無事帰宅。

今回は尺目指したが出ませんでした。


メバル25cmを頭に15匹

kyuu3.jpg


市バス53cm 1匹。 チヌ40cm・39cm。 タナゴ23cm

kyuu1.jpg

カサゴ23cmを頭に8匹

kyuu2.jpg

と微妙な釣果でした。

船長に聞くと「今年は船からも良くない。こんだけ釣れれば御の字よ!」  だって!

おしまい!



一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif" border=



こちらもポチッとよろしくお願いします。

EAST OF LORD ISLAND

昨日は松山沖に行って来ました。

お馴染みの兼久さんです。  総勢13~4名いらっしゃいました。

私は当初は崩れに渡る予定でしたが、この釣場は満ちの釣り場なのですが、日没から満潮まで3時間しか釣れない。

っつう事で次に選んだのが「EAST OF LORD ISLAND」

この釣り場は主に引きの場所。

満潮前後を挟んで朝まで出来るっちゅうことです。

今夜はこのまま移行すると風もさほど気にならない。

ファイル0043

渡って荷物を移動です。

kinghigasi.jpg

まずは磯の恵みを!・・・

kama.jpg

そして早いとは思いながらメバリングを試すと・・・

20cm足らずの茶メバゲット!

kingdei1.jpg


そしてまたまた茶メバです。

kingdei2.jpg

やっぱまだ早いか・・・。

だが、陽が陰ったらドスンときました。

kingdei3.jpg

20UPでした。

数匹追加したら夜の帳が・・・。 全くアタリが無くなったのでウキ釣りに変更です。

ん? サグリと違うん? とお思いでしょうが、以前この場所でやった時アタリはあるものの、すぐに根に掛かってしまったんです。

そしてウキに変更して浮いたメバル&浅瀬にいるヤツはウキが有利!

ウキ下一ヒロから始めます。狙うはこの沈み岩の右手付近!

kingkita.jpg

この辺りの水深は1m~1.5mくらいか・・・。

まだ底に仕掛けがもたれる感じ。

今度は矢引にしてみる。

あらら!ウキが横に入っていきます(浅いんで)

根に入られぬようゴリ巻きです(爆)

ええ型です。

kingnight1.jpg

ここの釣り場! 干底は意外と平なんですが、満ちると階段状になっていて、竿は横に置けません。

魚も跳ねたら海にお帰りあそばすので手持ちにいたしました。

ポイントが遠いし、浅いので一気に巻き上げなければなりません。

でも釣れれば22~3cmばかりです。

kingnight2.jpg


満潮を経て下げに掛かった時、連荘です。

そして午前0時過ぎ これはちょっと手ごたえのあるメバルでっせ!

遠くから根掛かりを心配しながら上げたメバルです。

kingchouka4.jpg

検寸すると27.5cmありました。

kingsaichou.jpg


流れが段々きつくなったのを機に仮眠しようと思いましたが、寒いしムカデモドキが居るので寝れません。

午前4時、東の空が少し明るくなりかけにちょっとメバリング!

数匹追加!

そして朝~~!

kingasa1.jpg

すっかり明けたところでヒットした場所の確認!

kingasa3.jpg

フムフム・・・潮がああ流れた時つれたんじゃ!と納得しながら納竿です。

今回の釣果

平均22cmがこんだけでした。

kingchouka.jpg

まだこれから上向く感じの松山沖でした。

詳しくはここをクリック! ⇒マイポイント

おしまい!


一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif" border=



こちらもポチッとよろしくお願いします。






お久しぶりです。

昨晩はO田さんと松山って思ってましたが、当分行ってないアソコのメバルの顔が見たくて行ってきました。

出港場所は秀丸さんと同じ場所から。

到着するとちょうど秀丸の船長が沖から帰ってきたところだった。

お久しぶり~! バケツの中から真鯛のしっぽが覗いていた。

そして間もなくM岡船長の船が来て一路今夜目指すポイントに向けて出港。

koonesita.jpg

約20分で到着。

ただ今こんな感じです。

akagekiryu.jpg


足元はというと、これですわ~!

sagipoint.jpg


こんな流れで何処釣るの?・・・と不安そうなO田さん。

outajyunnbi.jpg

私も心配!  っつうのは、本来なら小潮を狙うのであるが今夜は中潮。 ちょっと流れがきつそう。

とりあえず満潮までの間、よれをメバリングしてたらガッシーが遊んでくれた。  即お帰り!

sagiaka1.jpg

やっと陽が暮れて本番!

早速足元でヒット! 23cmくらいか・・・。

sagiakawamu.jpg

だが潮が速過ぎです。

今夜はこの流れ・・・メバリングでは無理と判断。

虫餌釣りに変更。

すると、沖の掛け上がりでヒット。

sagiakamusi1.jpg

そして満潮からの返しに期待をかける・・・がなかなか潮が弛まない。

弛んだ時を狙って釣れたらまあまあサイズです。

sagiakamusi2.jpg


O田さんは足元で数を稼いでいるようだ。

私は沖に遠投して型狙い。

そして足元をサグっていたO田さんのロッドが大きく弧を描いている。

大きそうだ。

上がってきたのは26.5cmのパワフルメバル。

outakyou1.jpg


これで満足というO田さん。

だがここのポテンシャルはこんなものではない。  ちょっと時期&潮が悪かった。

その直後、私にも来ましたがな!

ntykrou1.jpg

計測すると27cm! やっと面目保てたか(爆)

その後 沖の深みでアッコちゃん!

hatuakou.jpg

食べごろサイズの真鯛君を追加!

hatumadai.jpg


潮が満ちに変わってアタリ無いので仮眠・・・・寒くて寝られねえ。

そうこうしていると夜が明けた。

迎えが早かったので帰宅したのは8時過ぎ。

寝てない割りには眠たくないので釣果アップです。

メバル こんだけ!

sagiakachouka.jpg


ゲストフィッシュ こんだけ!

sagiakachouka2.jpg

O田さん曰く「数・型釣れたので満足です」

今度は真夏に行きましょう・・・か!  イカもイカんとねえ(爆)

おしま~い!

一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif" border=



こちらもポチッとよろしくお願いします。







potato again

昨晩は行って来たよ。松山は兼久渡船。

一緒に行ったのはH山のT原さん。

お客は我々2人だけ!  昨日は5人いたそうな・・・。

んで昨日行った人は全滅。  食いが渋くド貧果とのことである。

またこれから私が上がるのはpotatoの北。

実は昨晩はカペタさんが身内の方と一緒に上がったという。

私も以前の事があったので、今回も・・・と カペタさんも同じことを考えたに違いない。

だがメバルのライズさえも全くなかったという。

そして一桁の釣果。  ここだけじゃない!どこも同じようだったらしい。

まあこの時期、いつもと同じ釣り(餌)でしたって釣果が上がるわけでもない。

やはりマッチ・ザ・ベイトっちゅうやつでやらんとだめでしょう!・・・きっと。 ブヒ!

T原さんはTの島の高場に降り、私はpotatoに上陸。

ベースからハナレを観る。   もう少しで渡れまっせ!

imohanare.jpg


朝の予報では雨の心配もなさそうだ。

ファイル0043


風も後ろから吹く感じです。

ファイル0044


直ぐに渡って釣り開始。

本命ポイントにライズらしきものは無い。

サイドの潮目付近でまず1匹。

imosaisho.jpg

15~6cmが面白いようにアタックしてきた。

直ぐに南蛮漬け用は確保出来た!

nannbann.jpg

表層では何も反応が無いので中層を引く。  やはり反応が無い。

それでは藻掛かり覚悟でボトムを試す。  やはり藻に反応.。ロッドにゴソっとくる。

少し跳ね上げ再びスイミング。

するとコンっと来た。

すかさず手首を返すと・・・ティップが小刻みに震えた。お魚反応です。

上がってきたのは23~4cmくらい。

imoryougata1.jpg


水温の関係なのかボトムべったりのようだ。

これが判れば少しは釣れる・・・はず!

やはりおった! 掛け上りの際。  ピックアップ寸前にグウィっと持っていった。

これも25~6cmはありそうだ。

imo26.jpg


午後9時。干底まであと2時間無い。  それまでがここの釣り場の釣果と言って過言ではない。

丹念にアッチコッチやってるとポロっと来る。

imonoko.jpg

くれば良型です。

これも同じくらいか・・・。

imono2.jpg


ここで今回使用するロッドで悩んでました。

普通ならメバリングっていうと、フィネス的な感じで、細PEにリーダー08って思うでしょう。

一応PE4にリーダー1.25をも組んできました。

当然ロッドもshimanoソアレXtune の72ソリッドとshimanoソアレXtuneの80チューブラを用意してました。

この場所大物もさることながら、沖の掛け上がりをクリアするため、ある程度強引にやり取りする必要があるからです。

やはり最初から80を使用して正解でした。

つうのは、この後潮止まり前に来たんですわ!

これが!

imoshibasu2.jpg

掛けた瞬間大きくジャンプ!そしてドラグジ~ジ~ですわ。

ドラグを緩めに設定しておいて正解でした。

その後徐々にドラグを絞めて引き寄せにかかります。

時折ロッドが満月になりつつも80チューブラ よう絶えてくれました。

当然想定外でしたのでタモ無しです(苦笑

手摑みランディングです。

sibasukuti.jpg

これ居ったらメバルやばくない?

そしたらまたまた同じコース引いてたらドスンです。

前より一回り大きいやっちゃ!

sibasukatahikaku.jpg


これ釣ったらメバルも安心したのか来ました~!

rasuto1.jpg

ほれ!

rasuto4.jpg

そして潮が止まってもうたらアタリもおまへん。

満ち潮はここは食いが悪い。

仮眠しようとしても大きな蚊が耳元で五月蠅い。

寝られへん。

迎えの渡船に乗り帰路に着くがGWでしまなみも朝から混雑していました。

高速も混んでるような感じです。

下の路帰ったら1時間も余計にかかってもうた。

今回の釣果は南蛮漬け用は別としてメバルがこんだけ!

imomebaruchouka.jpg


ゲストの市バスは67cmと71cmでした。

sibasuchouka.jpg


今年はこの近辺のイカナゴが遅れているらしいので、まだまだベイトに反応があるものと推測されます。

虫が食わんと言っているのではないですが、食いが悪いっちゅうことです。

今回は水温の関係かどうか判らないが食い渋ったのは少し下がったのではないかと感じられた。

おしま~い!

一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif" border=



こちらもポチッとよろしくお願いします。









怒和 again

一昨日の事です。

当初土日にかけて松山から渡船で行く予定をしていたのですが急に日曜に用事が入り、その旨を渡船船長に連絡。

O田さんと行く約束していたし、私も行きたくてムズムズしていました。

O田さんが「明日なら空いてますが・・・」 

天気もよさそうだし。

ファイル0047


っつう事で急きょ行くことに!

場所は怒和の造成地。

55nuwa.jpg

午後3時、松山に入るがまだ1時間半もあるという事で喫茶に赴く。

喫煙者専用ルームですがなにか!

komeda1.jpg

久しぶりの喫茶のコーヒー。マイウ~!

komeda2.jpg

そして出港!約2時間かけて島に上陸。

当初満ち込みは別の場所に行く予定で行ってみたが、以前の様相とは違っていたので、本命ポイントにとんぼ返り。

誰もこの島に上陸しなかったことに感謝です。 

というのは出港前に数人の釣り客いたのですが、釣島と二神島と津和地島に分散したのです。

まだ上げ5分ってとこです。  まだこの場所は潮も低く期待出来ないので波止に行くことに。

内側の中ほどでドスン!

nuwa111.jpg

保険で買っていた砂虫での釣果!

ここで5匹ほど釣れたので餌釣りでの目的は達成。

O田さんを残し、私はベースに戻ることに。

コーナーに陣取り、動かない潮に苦戦する。

午後11時前。 若干潮が動き始めた。

だがメバルの跳ねる様子はない。

レンジを底付近においてダダ巻きすると、ググっと来た。水面まで浮かせるがまだまだ高いので慎重に引き上げる。

まあまあサイズです。

nuwa222.jpg

徐々にアタリの回数も増え、時折ピチャっとやっている。

当初は1.2gで釣れていたが・・・

nuwach333.jpg

0.8gに変更 水面直下でバイト連発しだす!

nuwach44 (1)

最後は着水と同時、リールのベールを戻しテンションフォールしていると、手のひらにコツっとかモゾっと感じるアタリに手首を軽く返すとググっと来る重量感。

潮が引いたのかアタリは全部底付近。

底は砂地なのでアジをと期待したがダメだった。

そうそう市バスがそこら中でギラリと反転している。

だからメバルも浮きにくかったのかも。

午前3時過ぎ納竿。 港に帰って始発便まで仮眠をとったおかげで無事帰宅。

今回は餌釣りが5匹のみ 後は全てゴムでした~!

nuwac1.jpg

O田さんお疲れ様でした。 また行きましょう。


一日一善!ポチっとお願いしますm(_ _)m!祈願 尺メバル




jfs.gif" border=



こちらもポチッとよろしくお願いします。
トータルカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ランキング
一日一善・・・宜しくお願いします
J F S
こちらも一日一善・・・宜しくお願いします

jfs.gif

最新情報
釣行予定
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ
最新トラックバック